FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fundamental study and Innovation

Hello everyone,

My name is Yoshihisa Hirano, one of the comittee members of genesis.
I am the first year of master of engineering program at the Department of Chemical System Engineering of Todai.

My main research at the lab is "Self-organization of nano particles".
(as the second research I study hydrogen storage & carriage for fuel cell vehicles)
Perhaps most of you would respond,
"What's self-...something? Is that really a research for the energy problem?"
My answer would be, "Absolutely no. It's a fundamental research".
In the lab I dry up water droplets that contains tiny particles, and observe how their structure changes as drying continues .
That's all my research.

Hearing it, some of you may think I am a kind of "ivory tower", or my research is pure science and disregards the market necessity.
It is almost true, but it is not all correct.

The points that I would like to address today are
1(Generally). Fundamental study drives innovation of technology.
2(As for my research). Drying phenomena is widely used in industrial "mass scale" production.
Products that relates to energy such as organic photovoltaic cell will be one of the examples. (The mixture of organic molecules is coated on a substrate and dried to form thin semiconducting layer for solar cells)

In this blog, I will write about my reseach and some other examples in which fundamental research inspired technology innovation in energy.
スポンサーサイト

燃料電池の特長

はじめまして!
遠藤洋一といいます。
原子力系の専攻で燃料電池の研究をしています。
あれ?原子力なのに燃料電池??
なぜでしょう???
というのは、うちの先生は原子炉材料を中心とした、材料の専門家なのですね。
材料って応用次第で、何にでもなるんです。
なので、うちの研究室は燃料電池を研究する人もいれば、がちがちの原子炉材料をやる人もいれば、核融合炉の増殖材をやる人もいるんです。

話を燃料電池に戻しますね。
最近は燃料電池システムがCMなどで見かけるようになりました。
一般の方でも、「燃料電池は効率が高くて、エコなテクノロジーである」という認識の方が多いと思います。
でも実際は、発電効率は40%程度。
これは火力発電と大して変わらないんです。
では燃料電池は意味がないのか!?
もちろん、そんなことはございません。
燃料電池最大の特長は、コージェネレーション(熱電併給)利用した際のエネルギー損失の少なさにあります。
コージェネレーションとは、電力だけでなく、排熱を利用して温水や暖房に使うというものです。
実際、家庭においては消費エネルギーの半分は熱利用です。
しかし、火力発電などでは熱は利用されず、排出されてしまいます。
その分、無駄が生じているんですね。
コージェネレーションで見たときのエネルギー利用効率の高さが燃料電池のウリということです。

これから、僕は燃料電池をはじめ、水素エネルギーシステムなどについても書いていきたいと思っています。
楽しみにしていてください!

遠藤洋一
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。