• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

g-Enesisブログ移転のお知らせ

こんにちは、g-Enesis現代表の西山です。
このたびg-Enesisのブログを移転いたしました。
移転先はこちらです
http://g-enesisblog.blogspot.com/

過去の記事とともに新しい活動の内容をどんどん発表していくつもりです。

今後ともg-Enesisをよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Call for participants- MIT Energy Conference & CEA Annual Meeting

こんばんは、代表の吉田です。

現在g-Enesisは、MIT Energy Conferenceへの参加者を募集中です。
当会議は来年の3月5、6日に開催され、米国を中心に世界中からエネルギー関連の政治家、ビジネスマン、研究者、学生がボストンのMIT(マサチューセッツ工科大学)に集結します。派遣に伴う費用については、東京大学AGSの方から補助が出ることになっているため、大学全体から広く参加者を集めているところです。

私は昨年のMIT Energy Conferenceに参加したのですが、米国で進むエネルギー革命の最前線を体感すると共に、世界中の大学から集まった多くの学生と知り合うことが出来ました。彼らの多くは、エネルギー関連の仕事を経験した後に大学に来ているため、日本の大学院生とは知識の量も意識の高さも違い、私自身大きく刺激を受けました。彼らとは未だに連絡を取っており、現在は一緒に研究プロジェクトを行っています。

「一生の思い出に残る良い経験が出来ること間違いなし!」の貴重な機会ですので、是非応募を検討してみてください。

応募をご検討の方は、ut.genesis@gmail.comまでご連絡下さい。応募用紙を送付させて頂きます。
具体的な募集要項は以下になります。皆様のご応募を心からお待ちしております。
(〆切は12月8日23:59なので、是非お早めにご応募下さい!)


※You can find the English introduction at the bottom of this mail.
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
□■   MIT Energy Conference 2010 □■
& CEA Annual Meeting □■
■□   参加者募集のおしらせ!  ■□
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

エネルギービジネスの最先端に触れ、世界の学生エネルギークラブのリーダー達と交流しませんか?

┏━━━━━━━━━━━━
┃開催概要
┗━━━━━━━━━━━━
2010年3月5、6日に、米国ボストンでMIT Energy Conference*とCEA Annual Meeting**が開催されます。

これらの国際会議に、東京大学エネルギークラブ(g-Enesis)から数名の学生を派遣する予定です。
今回の派遣の目的は、以下の二点になります。
(1)世界最先端のエネルギービジネス・技術動向の把握
(2)世界各国の学生エネルギークラブの活動状況の把握

それぞれの会議の内容、及びそこで得られる経験等については、
AGS NEWSVol.15に関連記事がありますので、そちらをご参照下さい。
http://www.ags.dir.u-tokyo.ac.jp/
なお、派遣に際しての渡航費・滞在費は、AGSが補助します。
(ただし、数万円の自己負担があります。)

*エネルギー分野における課題解決を推進するための会議で、毎年開催されています。
会議には、著名な政治家、企業、ベンチャー企業、ベンチャーキャピタル等が集まり、
将来のエネルギー利用のあるべき姿について議論をします。
http://www.mitenergyconference.com/
**世界中の学生エネルギークラブが集まる年次会合で、
MIT Energy Conferenceに合わせて毎年開催されています。
1年間の各クラブの活動成果を共有し、互いに学びを得る場となっています。
http://collegeenergy.org/

┏━━━━━━━━━━━━━━
┃応募資格
┗━━━━━━━━━━━━━━
○エネルギー問題に強い関心を持っていること
○2011年3月までg-Enesisの運営に携われること
(来年も東京大学に在学予定の学生を優遇します)
○会議当日までの事前勉強会、及び参加後の事後報告会に参加できること
○(留学生の場合)VISA取得の見通しがあること

特にg-Enesisの運営については、派遣の決定以降主要メンバーとして活動に参加して頂きます。
勉強会・各種プロジェクトの主催、ブログ・メーリングリストの管理等の業務があるため、
そのための時間を確保できる方の応募を特にお待ちしています。

┏━━━━━━━━━━━━━━
┃応募受付期間
┗━━━━━━━━━━━━━━
2009年11月20日(金)から12月8日(火)23:59まで

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
┃応募方法
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
参加希望者は、本メールに添付されているアンケートの必要事項を記入し、
ut.genesis@gmail.comまでご連絡下さい。
なお、その際件名は「MIT Energy Conference 2010参加希望」として下さい。
質問や相談等がある場合にも、気軽に上記アドレスにご連絡下さい。

選考は、書類審査とインタビューを通して行う予定です。
書類審査に通過された方には、追ってインタビューの連絡を差し上げます。
インタビューは、12月12、13日に行う予定です。

┏━━━━━━━━━━━━━
┃団体紹介
┗━━━━━━━━━━━━━
◆東京大学エネルギークラブ(g-Enesis)
SUS+に所属するエネルギーに関するワーキンググループ。
持続可能なエネルギー利用への貢献を目的として活動を行っており、
エネルギーに関する勉強会・プロジェクトの主催や国際会議への派遣等を行っている。
Blog: http://bloggenesis.blog68.fc2.com/
ML: http://groups.google.co.jp/group/g-enesis

◆AGS東京大学学生コミュニティ SUS+(サスプラス)
"Global Sustainability"をキーワードに、
学際的・国際的に活動する大学院生を中心とした学生団体。
勉強会の主催や国際会議への派遣を中心として活動している。
HP: http://ags-utsc.org/
Blog: http://agsutsc.blog21.fc2.com/

---------------------------------------------------------------

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□
□■   Call for participants- ■□
MIT Energy Conference 2010 □■
□■ & CEA Annual Meeting □■
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

Why don’t we see the frontiers of energy business and talk with the
leaders of the student energy clubs from all over the world?

┏━━━━━━━━━━━━
┃About
┗━━━━━━━━━━━━
MIT Energy Conference* and CEA Annual Meeting** in Boston, U.S. will
be held in March 5th and 6th in 2010.

University of Tokyo Energy Club (g-Enesis) will choose a few
participants of these international conferences.
The purposes are:
(1)To research the frontier of energy business and technology of the world.
(2)To communicate with the student energy club of the world.

Please also see AGS NEWS Vol.15 (Only Japanese version available) at:
http://www.ags.dir.u-tokyo.ac.jp/
The content of the last conference is reported.

Part of the expense for travel and accommodation will be supported by AGS.
(Several thousands yen should be paid by yourselves.)

*Annual conference in the U.S that aims for leading the recent
challenges of energy problems. Distinguished politicians, executives
of companies, venture capitalists, etc. are gathered and discuss the
energy usage of the world for the future.
See also:
http://www.mitenergyconference.com/
**Annual meeting of the student energy clubs that is held on the day
before the MIT Energy Conference. Students of the energy clubs from
all over the world present their activities in the year, and discuss
the management of the club.
See also:
http://collegeenergy.org/

┏━━━━━━━━━━━━━━
┃Requirements
┗━━━━━━━━━━━━━━
○Strong interest and commitment in energy problems
○To be the committee member of our energy club (g-Enesis) by March, 2011.
(Students who attend the University of Tokyo for the next year are preferred.)
○To attend the study meetings before participating in the conference.
Also, you are supposed to make some presentation to report the
conference in the debriefing session of g-Enesis.
○If you are the international student, you have to obtain a VISA
before the conference.

When you are chosen to participate in MIT energy conference, you are
supposed to be the committee member of g-Enesis. Committee members
have to set the study sessions, projects, submit articles to our blog,
etc in g-Enesis. Therefore, we welcome the candidates who have strong
motivation and can spare time to participate in these activities.

┏━━━━━━━━━━━━━━
┃Application date
┗━━━━━━━━━━━━━━
November 20th (Fri), 2009 - December 8th (Tue), 2009

┏━━━━━━━━━━━━━━━━
┃Application
┗━━━━━━━━━━━━━━━━
Please fill in the entry sheet that is attached to this e-mail and
send to: ut.genesis@gmail.com.
Please make sure that the title of the mail be: “Application for MIT
Energy Conference 2010”
If you have some inquiries about these events, feel free to contact
the e-mail above.

The selection process will be:
1. Entry sheet (deadline: December 8th (Tue))
2. Interview by the past participants
After the selection by entry sheet is finished, we inform you of the
detail of the interview. Interview date is December the 12th and 13th.

┏━━━━━━━━━━━━━
┃Introduction of us
┗━━━━━━━━━━━━━
◆The University of Tokyo Energy Club (g-Enesis)
One of the working groups in SUS+, that is specialized in energy problems.
We aim for contribution of the sustainable energy usage. Major
activities are study session of energy, hosting projects on energy
problems, and participation in international conferences.
The department of energy,
Blog: http://bloggenesis.blog68.fc2.com/
ML: http://groups.google.co.jp/group/g-enesis

◆AGS Students’ community of The University of Tokyo SUS+
The community of international active students who are interested in
global sustainability. Major activities are study session and
participation in international conferences.
HP: http://ags-utsc.org/
Blog: http://agsutsc.blog21.fc2.com/

eco japan cup 2009にて、グリーン・ニューディール優秀提言賞を受賞しました!

こんばんは、代表の吉田泰輔です。

私たちが「eco japan cupプロジェクト」を通して作成した政策提言が、見事表彰されました!
当プロジェクトからは三つの政策提言を提出しましたが、その中の「地域におけるソーラーパネル設置促進のためのマッチング事業」がグリーン・ニューディール優秀提言賞を受賞しました。
提言の具体的内容については、またこのブログで紹介したいと思いますので、楽しみにしておいて下さい。

本件に関しての、環境省からのプレスリリースは以下になります。
http://www.env.go.jp/policy/info/ejc/index.html

また、政策提言の具体的内容は、12月10日(木)~12日(土)に東京ビッグサイトで行われるエコプロダクツ2009会場で展示・発表される予定です。私自身も当日は参加し、提言内容を発表する予定です。時間があれば、遊びに来てください。
http://eco-pro.com/eco2009/


今回の受賞を励みとし、今後勉強会、国際交流、政策プロジェクト等の活動をより活発化させていきたいと思っています。
当ブログをご覧になっている皆様、今後ともg-Enesisを宜しくお願い致します。


UT Energy Club g-Enesis won the first prize in eco japan cup contest.
In this summer, we organized the project team to make proposals for the contest.
Finally, we submitted three proposals and one of them, "Matching project to spread solar panels in regional areas", won the first prize in the environmental policy division.

You can see the result of this contest at:
http://www.env.go.jp/policy/info/ejc/index.html

The detail of the proposal will be displayed in Eco Products 2009, which is the biggest environmental exhibitions in Japan.
http://eco-pro.com/eco2009/

Making use of this opportunity, we plan to accelerate our activities such as study seminars, international exchanges and policy projects.
We always welcome your participation in our club!

Thanks.

MIT Energy Conference 2009 briefing session & study session

Yesterday, We held
・Briefing session for the next MIT Energy Conference in 2010
・Lecture on the clean tech business in the U.S. /the world by Dr. Masahiro Sugiyama from Central Research Institute of Electric Power Industry (電中研).

We thank Dr. Sugiyama for his keen lecture and participants for coming.

study091128-2


Below is the content of Dr. Sugiyama’s lecture:
Clean tech has become a huge business. Investment on clean tech (+ other resources such as water) has been increasing, and it surpassed that of IT and bio and some people predict a big revolution on clean tech. Not only the prediction, but already big changes have been observed. For example, a number of competent executives of top companies have changed their field to that of clean tech industry, such as Tesla motors and Better place. This is because energy industry is so gigantic that everyone hopes to replace their position. (For example, almost half of the Top 10 companies in terms of sales are dominated by energy companies such as Exxon Mobile, and Royal Dutch Shell.)

He also introduced us some frontier technologies of clean tech such as nanotechnology-assisted Li ion battery, cheap thin film solar cells that use CdTe, Plug-in EV sport car, solar cell system with mirrors that focus sunlight, etc.

However, Japan is out of the scheme of the revolution of clean tech. Currently, the centers of clean tech innovation are U.S., E.U., Israel and the some Asian countries follows. Among all, the U.S. is the frontier. (This is why opportunities such as MIT conference will be valuable.)

After the presentation we held a Q&A session. Major questions were those on prediction of green tech industry and on latest information on clean tech. For example, to the question “Will deflation of price of PV (Photovoltaic) solar cell take place?”, he answered, “Yes, but there will be some companies that survive by certain strategies. For example, Sharp has shifted their business model to the “system” of solar cells. Nobody knows which business model will succeed, but there will be some good strategies.”

Lastly, I introduce some information resources on clean tech that Dr. Sugiyama mentioned: Greentech media, clean tech group, technology review, earth 2tech, Greentech Inc, etc. Also, some books: “Hot, Flat, and Crouded” by Thomas Friedman, “Earth Sequel” by Krupp and Horn, etc. His massage was “We Japanese should not necessarily pursue foundation of venture, but we should keep up with the latest situation of clean tech and have business mind.” Why don’t we keep on studying it?

MIT Energy Conference 2010のホームページがオープンしました!

こんばんは、g-Enesis代表の吉田泰輔です。
ついに、MIT Energy Conference 2010のホームページがオープンしました。

今回のメイントピックは以下の7つです。
大雑把に昨年のものと比較すると、だいぶ色合いが異なるものになったと言えます。
(エネルギー技術・ビジネスの変化の激しさが現れているのかも知れません。)

特に私が注目したいのは、4つ目の「China: Energy Technology Leader」です。
途上国におけるエネルギー事情は、昨年も「Energy in Emerging Economies」として取り上げられましたが、今年は中国一国で一つのトピックが構成されています。
これはなかなか驚くべきことだと思います。

中国では、学生エネルギークラブの活動も最近盛んになってきています。今後マーケットの拡大と共に、産官学のエネルギーに対する取り組みがどう発展していくのか、見所でしょう。

一方、二年連続で扱われているトピックもあります。
交通、特に自動車はその一つで、注目度が非常に高い分野であることが分かります。

まだ詳細は公表されていませんので、今後の追加情報に期待しましょう。
皆さんも、時間があればホームページの方、是非チェックしてみて下さいね!

【MIT Energy Conference: 今年のメイントピック】
1. Commercializing Solar
2. The Impact of Unconventional Natural Gas
3. The Future of Electric Vehicles
4. China: Energy Technology Leader
5. Water Use in Energy
6. Energy in Supply Chains
7. Stimulating Private Investment in Energy

【昨年のメイントピック】
1. Advancing Bioenergy
2. Wind Power Generation
3. The Coming Decade for Baseload Power
4. Energy Storage for the Grid
5. Energy in Emerging Economies
6. Managing Demand
7. Global Transportation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。